トップページ > 痛風治療に使われる薬

痛風治療に使われる薬

かつて痛風は贅沢病とも呼ばれていました。そういったことからも分かるように、痛風を発症するかどうかを決める大きな要因は食生活です。

 

近年、痛風患者や、痛風の原因となる高尿酸血症に罹患している患者の急激な増加が見られます。その大きな原因は、日本人の食生活の変化です。多くの方の食生活は欧米化し、かつ豊かになっています。

 

2010年のデータによると、日本国内の痛風患者は約96万です。25年前の実に4倍の人数です。急速な増加といえるでしょう。また、高尿酸血症患者はさらに多く、約1000万人以上だと推定されています。

 

特に、最近の傾向として、30代の高尿酸血症患者の急激な増加が見られます。ただし、このような傾向が見られるのは日本国内に限りません。痛風患者や高尿酸血症患者は、世界規模で増加している傾向があります。

 

そういった動向を背景に、痛風治療の新薬開発は、多くの製薬会社が力を入れるところとなっています。痛風の治療薬は、大きく分けて2つの種類があります。1つは、主に痛風発作時に使用するもの、もう1つは、高尿酸血症の治療に使うものです。

 

この2種類の治療薬について、各々の特徴などを具体的にご紹介します。まず1種類目、痛風発作時に使用する薬について見てみましょう。薬痛風発作時に使う薬は、非ステロイド抗炎症薬です。インドメタシンなどが代表です。

 

この非ステロイド抗炎症薬には、関節の炎症を抑え、同時に痛みを緩和させる働きがあります。多くの場合、解熱鎮痛剤として用いられている薬です。ただし、非ステロイド抗炎症薬では効果がない場合、あるいは腎障害が認められる場合などもあります。その際には、ステロイドが使用されます。

 

ちなみに、コルヒチンという薬剤は発作予防薬として使われています。この薬が効果を発揮するのは、痛風発作の予兆の段階で服用した場合です。本格的な発作が発生した後に服用しても、大した効果は期待できません。

 

また、バファリンに代表されるアスピリン系市販薬を、痛風発作時に起きる痛みの緩和を目的として、使用する方がいます。しかし、これは絶対に避けるべきです。アスピリンの服用は尿酸値を上げてしまうからです。当然ながら、尿酸値を上げることは痛風発作には悪影響です。発作が長引く、悪化するといった事態にもなりかねません。

 

次に痛風の治療薬の2種類目、高尿酸血症の治療に使うものについて見てみましょう。これは尿酸値を下げる薬剤となります。この尿酸値を下げる薬剤も、大きく2種類に分けることができます。アロプリノールといった尿酸の産生を抑える薬剤と、プロベネシドといった尿酸の排泄を促す薬剤です。

 

こういった薬剤を使用して尿酸値を下げる場合、尿酸値の低下は、少しずつゆっくり行う必要があります。期間としては6ヶ月程度です。理由は、急激な尿酸値の低下によって、逆に痛風発作が引き起こされる場合もあるからです。

 

そのため、尿酸値を下げる薬剤は、用法、用量などを医師の指示にしっかり従い、服用しましょう。その上での気長な治療が必要になります。