痛風サプリメントランキング

痛風の症状は?

 

ある日突然痛みに襲われるのが痛風という病気です。「足の親指の痛みで、朝、目が覚めた。痛みがひかないため病院に向かうと、痛風だと診断された」典型的に見られる痛風の発症パターンは、こういったものです。

 

痛風は、体内における尿酸の産生と排泄のバランスが崩れ、尿酸値が高くなることで起こります。この尿酸が結晶化し、関節やその周辺に蓄積して、炎症を引き起こします。

 

痛風の痛みの原因は、こうして引き起こされた関節炎です。この痛風の痛みは、ある日突然起こります。そのため「痛風発作」と呼ばれています。

 

痛風発作の痛みは激痛です。経験した方は「骨折よりも痛い」「大人が歩けなくなるほど痛い」「風が吹くだけで痛い」と表現します。

 

足の親指の付け根が、痛風発作の起こりやすい場所です。痛風発作のうち、約70%がこの足の親指の付け根で起こるとされています。また、他に症状の出る場所として、足首や膝、肘、手指などの関節もあります。

 

痛風発作には、1ヶ所のみで起こるという特徴があります。痛みが複数の部位で起こるということは珍しいです。足の親指の付け根も足首も肘も同時に痛みに襲われる、といったケースはほとんどないということです。

 

それでも、痛みが2ケ所の関節で同時に起こることも稀にはあります。しかし、それが3〜4ヶ所になることはありません。体中あちこちに痛風発作が起こることはないのです。

 

痛風発作が起きた際に必要な治療は、まず痛みを和らげる治療です。尿酸値を下げる治療よりもそちらが優先されます。尿酸値の急激な低下は、痛風発作の悪化を引き起こしてしまうためです。

 

痛みの緩和には、鎮痛・抗炎症薬が用いられます。関節炎の炎症を抑えるステロイドや非ステロイド系の薬です。ただし、これらには腎障害などを引き起こす副作用もあります。薬を使用する場合の当然の注意点ではありますが、痛風の薬の場合も、医師の指示に従って用法・容量などに注意しましょう。

 

この痛風発作には、しばらくすると消えるという特徴もあります。早ければ2〜3日、通常1週間程度で痛みが引きます。この痛みの消失が曲者です。痛みが消えてしまうと、治ったのかと思い、そのまま放置してしまう方が少なくありません。しかし、痛風発作の根本的原因である高尿酸血症は治療されず、改善されないままです。

 

そのため、突然の激痛がまたやってきます。痛みが消えたからと尿酸値を下げる治療を怠った場合、突然の痛風発作とその消失を繰り返すことになってしまいます。

 

治療を怠り痛風を進行させてしまうと、事態はより深刻になります。まず、徐々に痛風発作の間隔は短くなっていきます。さらに、発作のみならず、生活習慣病のような合併症も重篤なものになってしまうのです。

 

痛風発作の痛みが消えたからといって、治療を怠るのは禁物です。尿酸値を下げる治療を受けるため、病院を定期的に受診しましょう。

 

かかとの痛みも痛風が原因?

 

痛風発作が最も発生しやすい部位として、足の親指の付け根の関節があげられます。この部位での発生割合は、痛風発作全体の70%以上にも達しています。しかし、予想だにしない部位に炎症が引き起こされるケースも稀に見られます。

 

そのケースの1つとして、かかとがあります。もし、激しい痛みがかかとに発生した際は、痛風発作によるものである可能性もあります。無理に我慢することなく、可能な限り早く病院での受診をおすすめします。

 

人間が歩き出す際、地面に一番最初に接触し、全体重がかかる場所がかかとです。足関節は、比較的動かすことの多い部位です。あまり多くの方に認知はされていないのですが、この部位は痛風発作が発生しやすいといわれています。

 

踵骨(しょうこつ)の骨折や足関節のねん挫などによって、炎症が発生することはあります。当然、これは痛風発作ではありません。

 

しかし、特に思い当たることがないにも関わらず、これまで経験したこともないような激痛を感じ、その部位が腫れ上がって熱を帯びているような状態になることがあります。こういった場合は、痛風発作の可能性が高いでしょう。

 

ただし、高齢者の場合は、痛風発作ではなく骨折である可能性も高いです。かかとの骨が骨粗しょう症などを原因としてもろくなっているため、強く打撲する、ひねる、といったことがなくとも骨折することがあるからです。歩行時の軽い衝撃などでも踵骨が骨折してしまうこともありえます。いずれにせよ、強い痛みを感じたら、早急に対策をとってください。我慢してそのまま放置せず、整形外科を受診しましょう。

 

レントゲンを使用すれば、骨折やねん挫か、それとも痛風発作かはすぐに識別することができます。また、痛風発作の特徴として、夜中(午前2時前後)に発生することが多いというものがあります。

 

さらに、一度発作を経験した方は、二度目以降の発作に対して、「何となく起こりそうだ」といった予感を持つという特徴もあります。痛風の初期段階においては、発作の頻度は1年に2〜3度程度です。しかし、治療を行わずそのまま放っておいた場合、発作の間隔は徐々に短くなっていきます。そして、やがて頻繁に発作が起きるような状態になってしまいます。

 

痛風発作時の激痛は「風が吹いても痛みが走る」といわれるほどのものです。痛風という名前は、ここに由来しています。発作が足の指関節やかかとに発生した場合、苦痛によって靴を履くことすらままならなくなります。

 

痛風は自然に治癒することのない病気です。虫歯と同様、治療を行わなければ改善することはないのです。そのため、痛風かと疑われるような症状出た場合、できるだけ早く診察を受けましょう。痛風は完治することが難しいとされています。しかし、薬を使用することで発作のコントロールを行うことはできます。

食べる順番を工夫し血糖値を下げる

食事の中の食べる順番や食材の組み合わせによって、血糖値への影響は変わります。食後に血糖値が急に上がる食後高血糖は肥満や糖尿病のもとになります。そのため糖質の摂取量を出来るだけ減らしていこうというのが、糖質制限の基本的な考え方になります。

 

ですが同じ物を同じ量だけ食べるにしても、食べる順序を変えることによって、血糖値の変動は大きく違うことを皆さんは知っているでしょうか。

 

まず血糖値を急に上昇指せない為には、食事の最初にまず野菜や海藻類、きのこ類といった、糖質量の少ない食物繊維の多い食材を食べるようにするのです。

 

これを「ベジタブルファースト」といいます。野菜スティックやサラダを食べたり、野菜スープを食べるなども効果があります。食物繊維には消化酵素が糖質に近づこうとするのを防ぐ作用や、一緒に食べた物の消化、吸収を遅くする効果があります。

 

事実、サラダを食べてから白米を食べた場合と、白米を食べた後にサラダを食べた場合では、サラダから食べた場合の方が、血糖値とインスリンが緩やかに上昇したという研究結果があります。血糖値を上げないサプリを飲むとさらに効果的です。

 

食材の組み合わせ方によっても、血糖値の上がり方は変化します。酢など酸味のあるものや、納豆、オクラ、とろろ等のようなネバネバ食材には、胃から小腸への食べ物の移行を遅くする作用があります。意外にも油にも同様の作用があり、例えばチャーハンなどは普通の白米と比べると血糖値は上がりにくいわけです。ですが体脂肪のことを考えると、油の摂り過ぎは注意が必要になってくるので、

 

チャーハンやパスタなどは油の薄い膜で糖質をブロックしている、という程度の量に抑えなければなりません。
あとは油の種類にも気をつけて植物油などを使うと更に良いでしょう。毎日の食事の中でもちょっとした工夫で血糖値へ変化をもたらすことが出来るのです。上記にあることを心に留めて、毎日の食生活を少しずつ改善してみましょう。

 

煙草と加齢臭の関係

 

最近は健康ブームで、日本国内で喫煙している人は年々減少する傾向にあるようです。煙草は喫煙していす本人だけではなく、その煙で周囲にいる人の健康まで害してしまいます。わざわざお金を払って不健康を買っているようなものなのです。

 

煙草で問題となっているのは何も健康面だけではありません。喫煙者の口、そして体から独特の臭いが出てきます。煙草を吸わない人からすると、この煙草臭というのはとても不快なものとなるのです。他にも、喫煙は私たちを悩ませている加齢臭を強く発生してしまう原因にもなります。

 

加齢臭というのは、体から分泌されている脂肪酸の一種である9-ヘキサデセン酸と過酸化脂質の2つの物質が結びついたことにより発生します。過酸化脂質については、体内に活性酸素が発生した時に増えるものです。活性酸素はまさに加齢臭の元凶なのです。

 

喫煙によって体内に取り込まれた煙は、やがて肺に運ばれていきます。その時に、私たちの体は肺に入った煙を異物と判断します。そして、活性酸素を作って攻撃してしまいます。体の中に活性酸素が増える事により、過酸化脂質も増えていき、その結果、酸化そして分解される9-ヘキサデセン酸の量もどんどん増えていく事になり、そのせいで加齢臭が強くなるのです。

 

他にも、煙草にはニコチン等の体に悪い影響を与えるいろいろな物質が含まれていますが、活性酸素の一種である過酸化水素も含まれていて、加齢臭を強くしているのです。

 

とはいえ、今まで煙草を毎日のように吸っていた人が突然煙草を止めるというのはなかなか難しい事ですよね。それでもやはり、自分自身や身内の健康を守るためにも、そして加齢臭を防ぐためにも、絶対に避けては通れない道なのです。

 

こちらでもご紹介>>>効果ある加齢臭サプリはこちら

 

 

更年期の高めの血圧は注意が必要!

更年期とは女性特有のものであり、閉経前後5年程度のことを指します。個人差はありますが、年齢的には45歳頃から55歳の間が一般的です。

 

卵巣は30歳を頂点として、そこを超えると機能が低下していきます。そのまま年齢を重ねていき、卵巣の機能が完全に止まると閉経となりますが年齢的な平均は50歳くらいです。

 

更年期に入ると様々な症状に見舞われますが、まず卵胞ホルモンが減少していきます。減少していくと、補おうとする力が働き性腺刺激ホルモンが大量に分泌されるのですが、これによってホルモンバランスが崩れていきます。

 

これが更年期に起こる症状の原因となっていることを知っておきましょう。また、更年期になると高血圧症になりやすくなります。今まで無縁だったのに急に高血圧になるということも珍しくありませんので気をつけておいてください。高血圧の予防にこちら⇒血圧が高い サプリ

 

原因としてはホルモンのバランスが乱れることで女性ホルモンの一種であるエストロゲンが減少し、自律神経の働きも乱れます。自律神経は血圧をコントロールする作用がありますので、それによって高血圧が引き起こされます。

 

閉経前後がどのくらいの年齢になるのかというんは人によって違いが生じますが、注意しておくことは非常に大事です。40代を超えたあたりから血圧などを計測するなどして、意識しておくといいでしょう。また、もし高血圧になった際にどういった対処をすればいいのか調べたり、医師に聞いておくのもいいかもしれません。

 

美容皮膚科によるシミの治療法について

 

シミ消しの治療の場合、保険を適用させることができない治療法が多いです。ですので、料金がどれくらいかかるのか知りたいという人も多いと思います。

 

実際に、美容皮膚科で治療をしてもらった場合、どれくらいの費用になるのかについてですが、これは自由診療ですのでクリニックによって違っています。今回は大手の美容皮膚科の場合、シミ取りの治療をしてもらうのにどれくらいの費用がかかるのかを調べてみたので、ご紹介したいと思います。

 

まず湘南美容外科の場合は、一回あたりどれくらいの料金になっているのでしょうか?

 

・ハイドロキノンによる治療 7020円〜
・フォトRFアドバンスによる治療 2000円〜
・スペクトラによる治療 8500円〜
・イオン導入 4050円〜
・ケミカルピーリング 4050円〜
・SBCレーザーフェイシャル 11740円〜

 

次に南青山メディカルエステティックの1回あたりの料金です。

 

・肝斑レーザーによる治療 10000円〜
・フォトフェイシャルによる治療 6880円〜
・ビタミンC誘導体による治療 5670円〜
・トラネキサム酸による治療 8500円〜
・フォトシルクプラスによる治療 5200円〜

 

そして最後にシロノクリニックの1回あたりの料金についてです。

 

・Qスイッチルビーレーザーによる治療 3000円
・カーボンピーリングによる治療 10000円
・Qスイッチヤグレーザーによる治療 40000円〜
・アキュチップによる治療 2500円〜
・炭酸ガスレーザーによる治療 5000円〜

 

となっています。レーザー照射による治療だと、照射する面積や部位によって料金も異なります。色が濃かったり、シミの範囲が広いとそれだけ料金も高くなってしまいます。

 

これ以外にも、麻酔や再診料などといった料金も上乗せされることもありますので、あまりお金を用意することができないのであれば、ハイドロキノンなどが配合されている基礎化粧品などを使うようにした方がいいかもしれません。

 

こちらでもシミについて>>>シミサプリランキング調査

 

更新履歴